基地反対リーダーはなぜ勾留され続けるのか【沖縄タイムス】

1/27付の沖縄タイムスで、山城博治議長へのこの間の不当弾圧の記事をまとめたものが載りました。ぜひご覧ください。

「沖縄で基地建設反対運動をリードしてきた沖縄平和運動センターの山城博治議長の勾留が3カ月以上に及んでいます。

山城議長は、東村高江のヘリパッド建設や名護市辺野古の新基地建設に対する抗議行動で、公務執行妨害などの容疑で逮捕されました。

釈放を求める国内外の有識者や市民グループは「反対派リーダーを長期間拘束することで抗議行動を萎縮させようという思惑がある」と指摘します。これまでの経緯をまとめました。」

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/81489

全文は上記リンクからお読みください。

広告