【今日の集会の記事から】

集会で配られた決議文のチラシです。

img_6691

東京新聞

辺野古反対派数百人が地裁敷地に 勾留中のリーダー釈放求め

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017022401001962.html

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派リーダーで、昨年10月に逮捕され勾留が続く沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)の釈放を求める集会が24日、那覇地裁前であり、集会後に数百人が一時、地裁職員の制止を振り切って敷地内に入り、4カ月以上続く勾留に抗議した。

地裁職員や駆け付けた警察官が、集会参加者が建物内に入らないように警備。参加者らは、玄関前に押し寄せ、保釈を認めない裁判所を非難し「博治を返せ」「早期釈放を求めて最後まで頑張ろう」などとシュプレヒコールし、騒然とした雰囲気となった。(共同)

沖縄タイムス

長期勾留「見せしめだ」 基地反対運動リーダーらの釈放訴え 沖縄で600人超が集会
 米軍基地建設への反対運動中に逮捕・起訴され、4カ月以上の勾留が続く沖縄平和運動センターの山城博治議長らの釈放を求める集会(主催・同実行委員会)が24日、那覇地方裁判所前で行われ、参加した約600人以上が「長期勾留は人権侵害だ」「政治弾圧をするな」などと抗議した。

集会では、山城議長の長期勾留について「辺野古や高江で抗議行動をしている人々に対する見せしめだ。運動の萎縮を狙った政治弾圧にほかならない」などと指摘。シュプレヒコール後、国際通りをデモ行進した。

一方、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は20日付で保釈を認めないことを決定。勾留継続は憲法に違反しないと判断した。弁護側は「人権の最後の砦(とりで)とされる最高裁が、自らの責務を放棄した」と批判している。

 

琉球新報
 山城さんら釈放を要求 那覇地裁前で集会
 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-450377.html

 名護市辺野古の新基地建設の抗議行動で威力業務妨害容疑などで逮捕・起訴され、4カ月以上にわたり長期勾留されている沖縄平和運動センター議長の山城博治氏らの即時釈放を求める「山城博治さんたちの即時釈放を求める大集会」(実行委員会主催)が24日午後、那覇市の那覇地方裁判所前の城岳公園で開かれた。

 山城氏らの逮捕と長期勾留の不当性を指摘し「裁判所が人権と民主主義のとりでとしての責務を全うし、山城博治さんたちを即時釈放するよう要求する」などとする決議を拍手で確認した。
集会を主催した代表らはその後、那覇地方裁判所に出向き、決議文を手渡そうとしたが、裁判所側と折り合いがつかず渡せていない。それに合わせて、参加者たちが裁判所の敷地内になだれ込み、玄関前でシュプレヒコールなどを繰り返した。
参加者らはその後、城岳公園から国際通りを経由して県民広場までデモ行進し、「不当な弾圧をやめろ」「3人を即時釈放しろ」などと訴えた。
主催した実行委員会は、「山城博治さんたちの即時釈放を求める会」「基地の県内移設に反対する県民会議」「政治的弾圧による不当逮捕・勾留者を支援する会」の3団体で構成している。   【琉球新報電子版】

※写真は当会の参加者から提供されたものです。
広告